体中が叫ぶのに振り向きそうだ

こういうことがあったらはてブロを書けと、先人のオタクたちが言っていたし酔っ払って関ジャムを見て気持ちが抑えられなくなったオタクの気持ちの掃き溜めです。

 

すばるが会見をして3ヶ月。

ついに、来てしまった。

人生で来て欲しくなかった時TOP3には入るだろうこの瞬間。

関ジャニ∞渋谷すばるがいなくなってしまう瞬間。

 

正直ずっと実感なんてなくて。

いろんな番組で企画をやってもらってじわじわと迫りくる最後を感じてはいてもどこかふわふわしていて、全く理解できてなかったんだと痛感させられた。

関ジャムの亮ちゃんの涙で、泣きそうなまるちゃんが背中を向けて、たっちょんが満面の笑みでまるちゃんを元気づけて、ずっとうるうるのすばると横ちょ、腹が決まって揺るがない気持ちを持っている時にする優しいヤスの表情、最後までプロであり続けたヒナ。

全部全部わたしが人生の半分以上かけて大好きであり続けた、これからも大好きであり続ける関ジャニ∞の姿を見た時

あぁ、本当に終わってしまうんだと実感して寂しくてたまらなかった。

 

ロマネスクの時のすばるの表情みなさん見ました?

すばるがこんなに優しい表情をしながら歌うの本当に久しぶりもしくは初めて見た気がする。

楽しくて、音楽が楽しくてどうしようもないっていう表情は見たことがあってもこんなに柔らかくて優しいすばるもいたんだなって。

こんなところで新しい一面を見せないでくれ。

好きを更新しないでくれって思ったけど、きっとそれが渋谷すばるなんだろうな。

 

 

ずっとずっと永遠に7人のおじさんたちが楽しんで活動してるんだろうなって思っていたけど。

永遠なんて、絶対なんてないんだって改めて思った。

 

 

8人のお兄さんが7人のお兄さんになってそれが気がついたら7人のおじさんになってて。

おじさんになった彼らが昔は8人であったこと、7人であったこと、6人になること。

全部知ってる人は実際減ってきたし、知っていることを自慢したいわけではないけれど。

それを知っていて、一緒に辿ってこれたことは一生大切にしていきたいと思う。

 

何があったって好きだ。

 

 

っていう下書きが残っていたけどあの時のわたしにはあげる勇気がなかったみたい。

ライブに行ってまた気持ちが変わったのでそっとネットの海に流しておきます。